那須に来たら【なすべん】地産地消のランチグルメをどうぞ!

那須の食材をつかって誕生したのが那須の内弁当 "なすべん" です。 那須の地産地消のランチプレートで、那須に伝わる九尾伝説にちなみ、9種類の地元の食材を使い、9つの料理を、9つの器に盛りつけたのが ランチグルメ"なすべん"です。

からだに優しい那須の野菜・薬草料理が食べたい方は【草花宿】へ

那須の野菜・薬草料理のお店【草花宿】は、那須高原にいらっしゃるグルメな観光客の方にも、そして地元の人にも好評のお店です。「健康を意識した、からだに優しい里山料理」は、那須の食材を使った草花宿の創作料理から生まれます。

【那須高原クロスロード振興会】「那須ナンバー」や「那須検定」事業など異業種交流を通して町づくり!

那須高原クロスロード振興会は、ご当地ナンバーの「那須ナンバー」の誘致事業や、数年にわたる「那須検定」事業を展開。これら会の柱となる町づくり事業をはじめ、様々な異業種交流を主軸に、定例勉強会やデマンド交通の推進、那須高原の住民生活への活動を繰り広げています。

【那須高原教会】は、那須人の”こころ”の拠り所!禁酒禁煙のペンションを併設!

那須高原には教会がいくつもありますが、その中で牧師さんが常駐していて、毎週日曜日には「礼拝(ミサ)」が行われる教会は日本同盟キリスト教団の【那須高原教会】だけ。またこの教会は、那須高原の観光だけでなく、那須人たちの心の拠り所としても存在してきました。

【那須 いちご狩り】は“スカイベリー”がおすすめ!“とちおとめ”も根強い人気!

那須高原・那須エリアでの観光もいよいよ【いちご狩り】が本番を迎えてきています。 那須エリアのいちごの生産量はさほど多くはありませんが、観光農園なとでのいちご狩りは盛んに。冬季のおすすめは、新しい栃木県のスカイベリーいちご狩りとスイーツなどのグルメ。

【那須学Q&A 12 】那須町の観光客数は2018年は何万人だったでしょう?

那須町は“観光立町”を宣言して、年間国内外から多くの観光客がいらっしゃいます。観光客入込み数2018年は4,723,235人で、大震災前と比べると91.86%の418,281人減。新しい観光立町の町づくりの施策が必要ですね。(那須検定テキスト・那須学物語参照)

【第26回湯西川温泉かまくら祭り】は那須から日帰りで感動の“ミニかまくら”にあえる!

日光市の【湯西川温泉】の観光の目玉、冬の風物詩「かまくら祭」は、今年26回目を迎え、2019年1月26日(土)から3月3日(日)まで開催されます。那須に移住して来て、この有名な祭りに車で意外と短時間で行けると知った時は、思わず「行こう!」と声を出したほど。