桜ソメイヨシノが満開! 芭蕉の里【黒羽 大宿街道】

2019年4月8日にもう一か所足を延ばしたのは大田原市「黒羽の里」です。
ここ黒羽は、松尾芭蕉と弟子の曽良が、なんと14日間も逗留した場所で、これは旅の中でも最長の滞在期間となっています。

咲き誇るソメイヨシノ

黒羽には、芭蕉の館があるほか、松尾芭蕉の様々な石碑も多く残っている里で、かつ桜の名所でもあります。那須町からは車で30分もあれば行くことができます。

この黒羽の里でご紹介したいのが、車でただ通りすぎるには惜しい道大宿だいじゅく街道】です。道の両側にきれいにソメイヨシノが咲き誇っていました。こちらはほぼ満開で、今がちょうど見頃です。

大田原市黒羽大宿街道の桜並木

大田原市黒羽大宿街道のソメイヨシノ

大田原市黒羽大宿街道の満開の桜

黒羽には芭蕉の句碑がいくつもあります。これは「芭蕉の道入り口」の句碑で、写真はそこに咲く枝垂れ桜です。
「行春や 鳥啼き魚の 目は泪」(ゆくはるや とりなきうおの めはなみだ)
大田原市黒羽の芭蕉ゆかりの枝垂れ桜


大田原市黒羽 芭蕉の館
〒324-0234
栃木県大田原市前田980-1
Tel:0287-54-4151


<芭蕉の館の周辺地図>


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村に参加しています


choko4※那須高原の那須町に移住してきた筆者が、那須にとけ込んだ人を“那須人(なすびと)”と称し、那須好きの人たちに那須の様々な観光情報を提供することで、“那須人”になってもらいたいと、このブログを開設しています。何か知りたいこと、聞きたいことがありましたら《Contact Us》までどうぞ。




SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. moriko furihata より:

    大笹さん 何時もありがとう 楽しみです ところで魚の目に涙?愉快な句ですネェ 曽良さんは山寺にいらっしゃいます

    意味・・春が過ぎ去ろうとしているが、それを惜しんで
        鳥は鳴き、魚は目に涙をたたえているかのよう
        だ。旅に出る自分も見送る人々も、共に別れを
        惜しんで涙を流している。