黄色の絨毯が町に広がる【全国菜の花サミットin那須野が原】開催

2019年4月27日と28日の両日、大田原市の那須野が原ハーモニーホールを主会場に、栃木県で初めて【全国菜の花サミットin那須野が原】が開催されました。

資源循環型の地域社会づくりを目指す本県初開催の「第19回全国菜の花サミットin那須野が原」が27日、大田原市の那須野が原ハーモニーホールを主会場に開幕した。食用や燃料化など菜の花の多様な利活用に取り組む全国の自治体関係者、市民ら約720人が参加。菜の花をシンボルに観光や食、地産エネルギーを那須野が原の未来に生かすサミッ...

このサミットは、菜の花を活用した資源循環型の地域づくりを考えようと、毎年全国各地で開催されているもので、今回が19回目。燃料や食材など、菜の花を多用途に活用する全国の自治体などから約750人が参加し、地元高校生や農業関係者による事例発表や基調講演が行われ、交流を通じて持続可能な地域づくりを学ぶもの。

これに合わせるかのように、那須エリアは菜の花が次々に咲き誇り、町中黄色の絨毯が広がっています。その中のひとつ、那須塩原市の道の駅[明治の森]をご紹介します。

那須塩原市の道の駅[明治の森]には、乳製品や地元野菜の直売所があるほか、那須野ヶ原開拓の一人、青木周蔵の那須別邸があり、明治時代の開拓の歴史を見ることができます。この青木別邸前の菜の花も、今が見ごろを迎えています。

菜の花畑の奥に見えるのが青木邸
道の駅明治の森の青木別邸と菜の花
1999年12月に国重要文化財に指定された青木邸

青木周蔵Wikipediaから青木周蔵あおきしゅうぞうとは  世界大百科事典 第2版の解説より

1844‐1914(弘化1‐大正3)。明治時代の外交官。長州藩出身,同藩医青木研蔵の養子。1868年ドイツに留学,のち公・大使を含め23ヵ年のドイツ滞在歴をもち,ドイツの諸制度の日本への移植に尽力した。86年井上馨外相のもとで次官,ついで山県有朋,松方正義内閣の外相として条約改正につとめたが,91年5月大津事件の責任を負って辞職した。93年駐英公使に転じ,日清戦争開戦直前に対英条約改正に成功,98年帰国,山県内閣の外相として義和団の鎮圧に関与,のち駐米大使,枢密顧問官などを歴任した。
※那須塩原市の道の駅[明治の森]にある青木邸は、明治時代にドイツ公使や外務大臣、駐米全権大使などを歴任した青木周蔵子爵の別邸で、明治21年建築のヨーロッパ式の貴重な近代建築です。


5月のGWには那須高原の菜の花畑も見頃を迎え、鯉のぼりとのコラボが楽しめます

那須高原の大谷交差点から、県道305号線を北西に2~3km、畑のど真ん中に、風になびく“鯉のぼり”500尾と武者絵のぼりが多数!突然、現れます!これは【那須ハートフルファーム】が5月の節句に合わせて行っている一大イベントです。

<Dai>


旧青木家那須別邸
〒325-0103
栃木県那須塩原市青木27
Tel:0287-37-5419

開館時間
【夏期 4月から9月まで】午前9:00から午後5:30
【冬期 10月から3月まで】午前9:00から午後4:30


<旧青木家那須別邸の周辺地図>


にほんブログ村 にほんブログ村へ
那須人は、にほんブログ村に参加しています! クリックお願いします!

choko4※那須高原の那須町に移住してきた筆者が、那須にとけ込んだ人を“那須人(なすびと)”と称し、那須好きの人たちに那須の様々な観光情報を提供することで、“那須人”になってもらいたいと、このブログを開設しています。何か知りたいこと、聞きたいことがありましたら《Contact Us》までどうぞ。




SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク

シェアする