TBS【天国と地獄】のラストワンシーンが衝撃的!

2021年1月17日から3月20日まで続いた、綾瀬はるか主演のTBS日曜劇場「天国と地獄~サイコな2人~」が最終回を迎え、ラストワンシーンでのまさかの展開に強い衝撃を受けました!

 (c)TBS

もともとのストーリーは主演の綾瀬はるか扮する刑事・望月彩子と、サイコパスな殺人鬼・日高陽斗(高橋一生)の魂が入れ替わってしまうというもの。単なる入れ替わりに加えて、凶悪な3件の殺人事件がからみドラマは進行。殺人鬼と刑事の入れ替わりと殺人事件が複雑に交錯し、見ていて常に頭を切り替えては戻し、殺人事件の展開を理解しつつ、考えながら見入るというもの。普通のドラマでは味わえない真剣さが視聴する側にも求められ、テレビ画面から目を離すことができないというドラマです。
(c)TBS

そんなドラマが昨夜、最終回を迎えました。最終回にもかかわらずドラマの中盤を過ぎても、最後のストーリーの結末が見えてこない、一体これはどんな展開になるのかと、ただただ画面に食い入るだけ。そして遂に迎えたラストシーンへ……。

(c)TBS
3年の実刑判決を経た日高陽斗が、入れ替わり現象が起こったあの歩道橋で望月彩子と再会のシーン。3年の刑期を終えて社会に復帰した日高と望月が再開してThe ENDとなる場面です。日高が望月に持ってきたお土産は、事件の凶器として使われたシヤカナローの花の刻印が入った奄美大島のこぶし大の丸い石。二人が入れ替わったことの理由について思いをはせ、そしていい雰囲気で別れた、と思いきや……袋の中の石が二人のすれ違い際に一瞬光り……望月が発した一言を聞いて騒然!!。衝撃的にして爽快なオチのワンシーンでした……。<Dai>

最終回を見逃した方はTverからどうぞ。

無料で動画を楽しめる、民放テレビ局が連携した公式テレビポータルTVer(ティーバー)。見逃した各局の人気ドラマやバラエティ、アニメなどを視聴できる、完全無料の動画配信サービスです。




choko4※那須高原の那須町に移住してきた筆者が、那須にとけ込んだ人を“那須人(なすびと)”と称し、那須好きの人たちに那須の様々な観光情報を提供することで、“那須人”になってもらいたいと、このブログを開設しています。何か知りたいこと、聞きたいことがありましたら《Contact Us》までどうぞ。




SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク

シェアする